アルティメットカイザーキング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOの全ポケモンを捕まえたトレーナーに学ぶ「ポケモンGO制覇のためにすべき5つのこと」

待ちに待った日本版『ポケモンGO』のリリースを迎えた金曜日。

多くの人がスマホ片手にポケモンを探している様子が見られました。

そんな中、海外サイトのRedditには「今アメリカにいる全てのポケモンを手に入れたぜ!」と語る男性が。

f:id:idol2525:20160723050322j:plain

 

 

なんと彼はアメリカでポケモンGOがリリースされてから2週間あまりで、アメリカで手に入る142匹全てのポケモンをコンプリートしたのでした。

彼がどのように多くのポケモン達を素早くゲットしたのか、そのコツをまとめます!

 

ポケモンGO制覇のためのコツ①:移動は小走りで

f:id:idol2525:20160723060631j:plain

ポケモンを多く手に入れるためには、長い距離の移動が不可欠。

歩くよりも小走りでポケモンを探した方が効率が良いのだとか。

しかし、ここで問題になるのが、小走りをしながらだとスマホポケモンの出現をチェックしにくいこと。

そんなときは、イヤホンなどをしてポケモンが現れたときの効果音に注意を払えば、スマホの画面を常に見ずともポケモンの出現を見落とさずに済みます。

もしくは、『ポケモンGO』の設定で振動をONにしておくのもアリ。

この機能を使うと、ポケモンが現れたときにスマホバイブレーションでお知らせをしてくれるので、歩きながらスマホの画面をチェックする必要がなくなります。

 

ポケモンGO制覇のためのコツ②:タマゴを孵化させる

f:id:idol2525:20160723060822j:plain

全てのポケモンを探しまわって見つけ出すのはとても大変。

とくにレアなポケモンを探すのは骨が折れます。

そこでオススメなのが、タマゴをどんどん孵化させること

孵化までの歩数が10kmのタマゴは通常では捕まえにくいポケモンが入っているので、これを使えばレアなポケモンを効率よく手に入れられるのだとか。

アメリカのポケモンを全てゲットした男性も、タマゴを効率的に孵化できる「ふかそうち」というアイテムにたくさん課金をしたそうです。

ポケモンのタマゴはポケストップで入手することができます。

 

ポケモンGO制覇のためのコツ③:口コミをチェック

ポケモンの居場所を見つけ出すのが『ポケモンGO』の醍醐味の一つですが、全てのポケモンがどこにいるのかを独力で探していたらコンプリートの道は遠いものに。

そこで、レアなポケモンがどこにいるのかなどを人に聞いてみるのがオススメなのだそう。

twitterなどのSNSを活用するのも一つの手段かも。

 

ポケモンGO制覇のためのコツためのコツ④:『Ingress』を使ってみる

f:id:idol2525:20160723063400j:plain

実は『ポケモンGO』は、『Ingress』というゲームのマップ情報をベースにデザインにされているんです。

『Ingress』のマップを見つつ、"XM"という光の粒が集まる場所を目指せば、そこでレアなポケモンがゲットできる可能性がとても高いとのこと。

少し裏技的なテクニックですが、コンプリートのためなら是非活用していきたいところです。

 

ポケモンマスターになるためのコツ⑤:”二刀流”でポケモンを追いかける

f:id:idol2525:20160723061129j:plain

アメリカのポケモンをコンプした男性は、自分のスマホだけではなくガールフレンドのスマホも借りて、"二刀流"のスタイルでポケモンを探しまわったのだとか。

もし、スマホを誰かから借りられる場合や、友達と一緒にプレイできる場合は、多くの端末でポケモンを探せばより効率がいいようです。

 

おまけ:トレーナーレベルを上げるには進化が一番! 

男性がポケモンをコンプした頃には、最終的にはトレーナーレベルが31にまで達していたそうです。

そこまで高いレベルに辿りつけたのは、進化でEXP(レベルアップのための経験値)を稼いだからだとか。

一度捕まえたポケモンを捕まえるだけでは100EXPしかもらえませんが、なんとポケモンを進化させると500EXPが手に入ります。

さらに、手に入るEXPが2倍になる「しあわせタマゴ」という課金アイテムを使えば手に入るEXPは破格の1000ポイント!

コラッタやポッポといった進化させやすいポケモンを「しあわせタマゴ」を使いつつ進化せていけば簡単にトレーナーレベルが上げられそうです。

 

以上がアメリカでポケモンをコンプした男性が実践したことです。

スマホの二台持ちなど、なかなかズルい(?)ことはしていたようですが、結局は泥臭く歩き続けるのが一番だと男性は語っていました。

ポケモンマスターになるためには、汗と努力が不可欠なようですね。